2007年01月

2007年01月31日

おでんごはん

200701311824000.jpg

画像左はおでんおじや。右がおでんごはん。

昨日の夕飯のおでんが昼ごはんを食べ終わっても余っていたので、とうとう本に載っていてずっと気になっていた「おでんごはん」に挑戦。と言っても米1合につき100ccのおでん汁を入れてあとは普通に水加減、具を細かく刻んで炊込むだけの話。でもなかなか余ることがなくて・・・。
昨日、正確には昨日朝、出かける前に大量に仕込んだおでん。いつもは余った汁でケチケチと野菜や豆腐を煮て再利用してたけど、新しい展開に。
具は大根、里芋、こんにゃく、さつまあげ、頂きものの練り製品(名称不明)。

息子、いなりに続いてこれまた一気食い。でも苦手の大根はしっかり残ってた。私は他のおかずに味の濃いものがあったからか、ちょっと味が薄い気がした。次はもうちょっとおでん汁を増やしてもいいかな、と思いきや!
今本を読み直したら、「炊き上がって味が薄かったらしょうゆをふる。器に盛り青ネギとこしょうをふる」と困った話は最後まで聞きなさい=最後まで読みなさい怒り

おじやは昨日めでたく1歳を迎えた娘のために昼に作ったのに。午前中息子のペースで行動し、挙句寝ちゃって、昼に起きたもののぐずぐずでおっぱいで満腹にしたため、夕飯にスライド。ごはんと水を入れた鍋におでんの里芋2/3個をつぶしたもの、大根一切れを粗みじんにしたものを入れて、たまごでとじました。夕飯に温めたときにさらに水を追加したのと、芋でかなりボリュームになり、結構食べてくれてけど完食できず。私が食べることに。離乳食の余りもほとんど捨てません。

at 21:03|PermalinkComments(0) 5.5合炊きにて 

2007年01月29日

炊き込みいなり・完成

200701291800000.jpg

できました!

これはテレビでも紹介されてた炊飯器料理の真骨頂?!常識を覆す作業工程です。
改めて作り方を。
本は4個分だったけど、倍の分量で作りました。
米2合はといでざるにあげる(本にはなかったけど、無洗米じゃなかったからやっといた)。にんじん5センチ粗みじん、正月に義母が作った煮しめのしいたけを冷凍しておいたもの小3個分も粗みじん。酢大さじ2。これを混ぜて油抜きした油揚げに詰めて楊枝で留める。膨らむよな?と疑問に思いながらもぎゅうぎゅう詰め、それでも米が余ったので、娘用に湯飲みに残りの米と水を入れてお粥も一緒に作ることに。
釜に水360ml、だしの素1袋(本ではお茶用パックにかつおぶし・干ししいたけ・出し昆布を入れて一緒に炊く)、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ3、酒大さじ4、みりん大さじ2を入れ、湯のみと油揚げを並べてスイッチPi☆

油揚げが煮汁の上に出ていたので、全部がちゃんと炊けてるか不安だったけど、大丈夫。油揚げは5枚入りだったので、もう1枚も一緒に油抜きして短冊に切って味噌汁1回分ずつに分けて冷凍に。でも豪熱沸とうクンなら大きいから、あと2つくらいは余裕で入ったなあ。

味は!これはこれであり、かと。すごいボリュームだった。でも何より、息子が1個一気食いしてくれたのが嬉しかった。いなり好きだしね。娘は初めてのお酢ごはん。眠くて機嫌が悪く、全然食べず。
余った2個は明日のお昼だ、息子よ食べとくれ~。

at 22:50|PermalinkComments(0) 同時に2品以上 

炊き込みいなり

200701291354000.jpg

本に載っていたいなりずし、とうとう挑戦です。米が入り切らなかったので、娘のおかゆにまわして一緒にセット。食べたらまたアップします。

at 13:57|PermalinkComments(0) 途中経過 

2007年01月28日

メロンパン

200701281115000.jpg

母子家庭な日曜日、ベネッセのボンメルシィリトルの付録のメロンパン、作ってみました。メロンパン大好きな息子、付録につられて購読始めた第一弾。(どんな?)気持ち・力のこもったパン生地こね。ゴムべらなかったからしゃもじで代用。待ちきれなくなった娘を結局おんぶして成形→寝た。久しぶりのオーブン。さてお味はいかに?!亀2つ、丸3つ。

音符感想
思ってたより小さかったけど、ものすごくおいしかった。全部食べちゃうのが惜しかった。

at 11:22|PermalinkComments(0) 番外編 

2007年01月20日

抹茶蒸しパン

200701200856000.jpg

今朝のパン。ゆうべ息子と作りました。蒸しパンミックスと添え付けの抹茶パウダーに水を入れただけ。
なのにこの売れゆきったら!12等分して1切れしか余らなかった…。膨らみはいまひとつだったけど、味はさすが「添え付け」、ばっちりでした。

at 12:49|PermalinkComments(0) パン