2008年12月

2008年12月30日

さつまいも蒸しパン

200812300752000.jpg

形の悪く不恰好な畑のめぐみ・さつまいも。皮をむいてあくぬき、ふかしいもの要領で炊飯器でふかしマッシャーでつぶす。レモン汁をかけて、1カップ分くらいボウルに。
たまご1つ、牛乳、ヨーグルト、砂糖、オリーブオイルを入れて息子混ぜ混ぜ。さらにホットケーキミックスを入れて混ぜ混ぜ。娘乱入。釜に入れて「おかゆ」スイッチPi☆

食欲のない息子もたくさん食べて一安心。娘もよく食べた。

画像パンの隣の白い物体、初挑戦のヨーグルトチーズです。プレーンヨーグルトに塩を入れて軽く混ぜ、キッチンペーパーをしいたボウルにあけて、重しをして一晩冷蔵庫に入れておいたもの。ちょっとのっけて食べたりしてみました。無脂肪のヨーグルトだったからちょっと味わいが違うかもしれないけど、ヨーグルト風味のクリームチーズといったところ。

残ったマッシュさつまいもは、夕飯のおかずに、餃子の皮に包んで焼きます。

この忙しい時期になぜこんなチーズに挑戦したかってーと、先週日曜に娘が、イブに息子と私が夜中に吐いたりして、全然食べられず、ヨーグルトが余っていたから。幸い症状はそれほどひどくなく病院に行かずに回復。25日には友人宅でクリスマスパーティーの予定だったのに行けなかったばかりか、イブに炊飯器で簡単チーズケーキを作って持っていくはずだったのに、持っていけないわ、ブログはアップしないわ。結局私が回復した後、家族で全部食べた。イブ前日に夫がケーキ買ってきて食べたけど、結果的には買わなくてよかったじゃん。結果的には。
てなわけで、まあ元気になりました。なかなか更新できませんが、来年もどうぞよろしくお願いします。

at 07:54|PermalinkComments(0) パン 

2008年12月29日

さといものお好み焼き

200812291227000.jpg

畑のめぐみ・さといも。義母が小さいものをきぬかつぎ(義母はひょっこりいも、私の祖母はしょっくりいもと言っていた。方言ですね)にして大量に持ってきた。ずっと食べ続けるのはきついので、残ったものをつぶしてお好み焼きにしました。

他にこれまた畑のめぐみ・聖護院大根のすりおろし、畑のほうれんそうみじんぎり、コーン、たまご、豚挽き肉、小麦粉、かつおぶし、青海苔、塩・こしょうを入れて混ぜ混ぜ。この手のお好み焼きはよく作るのだけど、フライパンで子供が食べやすいスプーン一杯ずつの小さい円形に作って食べている。今回もそうしたんだけど、ゆるくてまとまりづらく、早々にフライパンを諦め、炊飯器に登場願った次第です。

ポン酢をつけていただく。フライパンより炊飯器の方がふわふわにできた、かな。味はまあまあ。写真はひとつひっくり返したものです。ちょっと崩れかけているのが生地の柔らかさを物語っていますね。

at 12:31|PermalinkComments(2) 5.5合炊きにて 

2008年12月01日

チョコバナナ蒸しパン

200812012323000.jpg

明日のパンです。日曜に息子六歳の誕生会、ケーキの上についていた板チョコを散らしました。できあがってチョコのいい香り。明日の朝楽しみだねと言って寝ました。

次の日、息子が私を起こす。「もう7時半だよ」「大丈夫だよ、今日は土曜日だから」「???火曜日だよ」「え~?」
まあ幼稚園は目の前、間に合うんですけど。おまけにこういうパンを作っておくと食パンを一人一人の好みに合わせて用意するより数段はやい。

息子はこのパンを作ったことを思い出すと、この寒いのに靴下も履かずにベッドを飛び出し階下へ。

バナナ感はほとんど感じないほどチョコの勝利。朝からたっぷりチョコを補給、息子は朝食を食べない夫に説教するまでに成長。がんばってるね。


バナナはつぶしてたまご1個、オリーブオイル、牛乳、砂糖少々を入れて混ぜる。ホットケーキミックスを入れてよく混ぜて釜に。息子がビニール袋に入れて細かく砕いたチョコを散らす。「おかゆ」スイッチPi☆小一時間でできあがり。

at 23:30|PermalinkComments(0) パン