同時に2品以上

2007年01月29日

炊き込みいなり・完成

200701291800000.jpg

できました!

これはテレビでも紹介されてた炊飯器料理の真骨頂?!常識を覆す作業工程です。
改めて作り方を。
本は4個分だったけど、倍の分量で作りました。
米2合はといでざるにあげる(本にはなかったけど、無洗米じゃなかったからやっといた)。にんじん5センチ粗みじん、正月に義母が作った煮しめのしいたけを冷凍しておいたもの小3個分も粗みじん。酢大さじ2。これを混ぜて油抜きした油揚げに詰めて楊枝で留める。膨らむよな?と疑問に思いながらもぎゅうぎゅう詰め、それでも米が余ったので、娘用に湯飲みに残りの米と水を入れてお粥も一緒に作ることに。
釜に水360ml、だしの素1袋(本ではお茶用パックにかつおぶし・干ししいたけ・出し昆布を入れて一緒に炊く)、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ3、酒大さじ4、みりん大さじ2を入れ、湯のみと油揚げを並べてスイッチPi☆

油揚げが煮汁の上に出ていたので、全部がちゃんと炊けてるか不安だったけど、大丈夫。油揚げは5枚入りだったので、もう1枚も一緒に油抜きして短冊に切って味噌汁1回分ずつに分けて冷凍に。でも豪熱沸とうクンなら大きいから、あと2つくらいは余裕で入ったなあ。

味は!これはこれであり、かと。すごいボリュームだった。でも何より、息子が1個一気食いしてくれたのが嬉しかった。いなり好きだしね。娘は初めてのお酢ごはん。眠くて機嫌が悪く、全然食べず。
余った2個は明日のお昼だ、息子よ食べとくれ~。

at 22:50|PermalinkComments(0)

2006年09月15日

栗ごはんとポトフ

P251iS04613.jpg

左上画像:5.5合炊きにて栗ごはん。昨日実家の母から栗ごはん用にと甘く煮た栗をもらう。油揚げも入れる。味付けは栗の煮汁と酒、しょうゆ。炊き上がったら冷凍枝豆を入れて保温。

左下画像:豪熱沸とうクンにてポトフ。いつもと同じ。ソーセージ、キャベツ、たまねぎ、にんじん、じゃがいも。固形スープの素1つ、月桂樹の葉を入れて水をひたひたに。スイッチPi☆

右上画像:娘の離乳食。真空調理にて。ポリ袋にキャベツ、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、まとめてゆでて冷凍してあったマカロニをみじん切りにして入れ、空気を抜いて口をしばる。ポトフの材料の上に乗せる。できたらすり鉢に入れてちょっとすりすり。

♪感想
秋の味覚・栗。そしてめっきり涼しくなったこのごろ、そろそろポトフもおいしくなる頃。私もめいっぱい食べてしまいました。夫も「うまい」と。
しかし子達は眠かったせいもあり、あまり食べず。結局私の胃袋に。マカロニはゆでてあったけど、少し水を入れて袋に入れたほうがよかったかも。思っていたよりやわらかくなっていなかった。

at 17:37|PermalinkComments(4)

2006年07月10日

昆布と大根&10倍がゆ

P251iS04619.jpg

おかずと一緒の方がごはん粒くっつきストレスが少ないかな、と思い今回はこんな感じに。画像悪いなあ。
大根とにんじんを食べやすい大きさに切り、昆布は水で洗って結ぶ。釜の真ん中に米とその10倍の水を入れた湯飲みを置き、大根たちにかぶるくらいの水を入れスイッチPi☆。
おかゆはさらにすりばちで細かくし、製氷皿に入れて冷凍庫へ。
大根たちは酢味噌(味噌、みりん、酢)でいただきました。子の相手をしてた隙に夫の皿は空になっていたので、おいしかったのかな?!このやわらかさは離乳食にもばっちり★息子のときにもやってれば・・・そういう問題じゃないかな。今日も夕飯食べずに力尽きた→だからちっちゃいんだ怒り

at 17:51|PermalinkComments(0)

2006年06月26日

じゃがバター

P251iS04618.jpg

わが町平塚の七夕祭りを来月に控え、商店街では竹ざおの準備が始まっています。そんな季節先取り?のこの一品です。水加減した米の上に、よーく洗ってまるごと1個アルミホイルに包んだじゃがいもを乗せただけ。こういうシンプルな調理法は素材の味がわかって新鮮な気持ちにさせてくれます。手抜き?料理じゃない?おなかいっぱいになって気持ちも満足すれば、それが家庭の食事じゃないかと思います。

at 18:50|PermalinkComments(0)

2006年06月23日

ランチプレート

P251iS04617.jpg

思ったほど画像がうまく撮れてないなあ・・・。

#おいしくないごはん
米1合にDHC野菜ミックスジュースと水を少々、塩少々、コーン少々。仕上げに粉末パセリ。

#ふかしいも
生協のグリーンボックスに入っていたさつまいも中1本を半分に切り、それぞれアルミホイルにくるんで米の上に。

#蒸しキャベツ
ポリ袋にざく切りにしたキャベツを入れて空気を抜き、口をしばってイモの上に→真空調理。冷凍しゅうまいの付け合せに。

タイマーセットして幼稚園の園庭開放に行くも、スイッチなかなかあがらず。子にまだかまだかと言われる始末・・・。この前もタイマーセットしたのになかなかできなかった。材料を入れすぎか。
でもでも、息子、やはりすごい勢いで食す。しかも「ごちそうさま」と言った後、さつまいもにマーガリンつけてぺロリと平らげる。はんぶんこしようとしたのに、全部食べちゃった。そのせいか珍しくおやつは少食。いつもそうやって食べてくれ!確かにめちゃくちゃおいしいいもでした。

at 12:08|PermalinkComments(0)